芸能人の中でもマッチョな肉体の持ち主として知られている品川庄司の庄司智春さん。

そんな庄司さんがタイアップしている金剛筋シャツは、筋肉作りをしている方からとても人気が高い商品です。

着ているだけでスパンデックス繊維の強い加圧の力が360度体を包み、脂肪燃焼を促進し筋肉を作る手助けをしてくれます。

そんな金剛筋シャツですが、効果が高いという事は副作用も心配ですよね。

そこで今回は、筋剛筋シャツの副作用について調べてみましたよ。

金剛筋シャツの効果とポイントとは?

まずは、金剛筋シャツのポイントとなる部分を知っておきましょう。

特殊仕様の伸張バンド

伸張バンドの力によって、着ているだけで姿勢を良くしてくれる効果があります。

姿勢が良くなると、普段姿勢を意識していない方はそれだけで体幹が鍛えられますよ。

背中がスッと伸びると、前のめりになっていたお腹の脂肪が引き締められていくからですね。

360度加圧の力が働く

金剛筋シャツは、特殊繊維スパンデックスを使用しています。

スパンデックスは、アスリート用の水着などに使われている伸縮性に優れたゴムのような繊維です。

この加圧の力が働く事により、日常生活を送っているだけでいつもより体に負荷がかかった状態が続きます。

そのため、仕事中も通勤時も、常に軽い加圧トレーニングをしているようになってくるのです。

加圧ジムに通うには、時間もお金もかなりかかってしまいます。

この金剛筋シャツは、忙しくて時間が取れないという方にもぴったりですね。

リンパマッサージ

金剛筋シャツは、人間工学に基づき男性の体にフィットするよう精密に計算され、研究を重ねて作られています。

そのため着ていると、他の製品とは全く違うかなりの密着感があります。

金剛筋シャツを着ている事で加圧が働くだけではなく、リンパのマッサージ効果もあるんです。

リンパが詰まると老廃物が排出されずらくなり脂肪が燃焼されないため、筋肉を付ける事は難しくなってきます。

金剛筋シャツの副作用とは?

初めに言ってしまうと、金剛筋シャツは体に直接入れるものではないので、特に副作用はありません。

なので、ここでは着た事によって起こりうる事の注意点をいくつかあげていきます。

苦しくなる

金剛筋シャツは、加圧の力が一番の特徴になっています。

加圧が強く働く事がポイントではありますが、人によっては体に合わず苦しくなってしまう可能性があります。

普段特に運動をしていなかったり、太り気味の人は着るだけでキツいかもしれません。

金剛筋シャツはかなりの伸縮性があるので体型にフィットはしますが、サイズ選びを慎重に行う事が大切ですね。

頭痛がする

普段着として着ている服は緩い着心地なもの多いため、金剛筋シャツのような加圧シャツを着ると頭痛を感じる方がいらっしゃいます。

しかし、これには個人差がありますので症状に当てはまらない方もたくさんいます。

慣れな部分が大きいので、改善策としては、買ったばかりの頃は着ている時間を短くする事をおすすめします。

慣れて来たらだんだん時間を伸ばしていくと、このような症状が起こりにくくなりますよ。

まとめ

いかがでしたか?

金剛筋シャツには基本的には副作用はありません。

しかし、加圧シャツなので締め付けになれていない人には苦しくなったりする事もあり得ます。

キツいと感じたら、体調と相談しながらゆっくり慣らしていってくださいね。

>>金剛筋シャツの公式サイトはココ