今やプロテインは筋トレや肉体作りに欠かせない存在ですよね。多くのトレーニーがプロテインやサプリなどを摂っていると思います。

売れ筋や新商品など数多くの商品がどんどん発売されているプロテイン市場ですが、これから筋肉アップを目指したいという人の中にはどれがいいのか迷うという人もいるかもしれません。

そこで今回は、筋肉アップに適したプロテインの選び方についてご紹介します!

筋肉づくりにはプロテインは不可欠

そもそも、プロテインが本当に必要なのか?という疑問を持つ方もいるかもしれません。答えはイエスです。

筋肉を大きくするために必要なのはトレーニングだけではなく、休息も必要ですし、さらに筋肉を育てる栄養も必要です。その栄養となるのがプロテイン(タンパク質)なんです。

もちろんタンパク質は食事からも摂れる栄養素です。しかし食事からタンパク質だけを摂取するのは非常に困難で、普通は脂質や糖質も同時に摂取することになります。食事から摂取するタンパク質の量を増やそうと思ったら、自然と脂質や糖質も増え摂取カロリーが上がってしまうのですね。
一方、プロテイン飲料などは手軽にタンパク質だけを追加摂取できます。また多くのプロテイン飲料にはビタミンなどの補助的栄養素も含まれており、タンパク質を効率よく吸収できるような工夫がされているので効果的です。

筋肉アップのためのプロテイン

どのようなプロテインがいいのかというと、目的や飲むタイミングで変わってくるので「これさえ買えば大丈夫」というような商品はなかなかありません。

どの商品も基本的には同じ効能があるので、摂らないよりは「どれかを摂る」ことがまずは大切です。

プロテインは運動後30分以内に飲むのが効果的と言われていますので、この時に何かしらのプロテイン飲料や栄養補助食品を摂るといいですね。

その上で、目的別にどのようなプロテインがいいのかについて少し触れたいと思います。

トレーニング後はホエイ系、寝る前にはカゼイン系

プロテインはホエイ系、カゼイン系、ソイ系の3種類が一般的です。

その中でも、ホエイ系は吸収スピードが速いので、トレーニング後で栄養が枯渇した筋肉に素早くタンパク質を届けるのに適しています。

一方カゼイン系は吸収スピードが緩やかで、寝る前の1時間~30分の間に飲めば寝ている間に筋肉にじわじわと栄養を届けてくれます。

寝ている間はいらないんじゃないかと思うかもしれませんが、筋肉アップには休息が大切で、この休息期間に大きく成長します。そのタイミングで栄養を補給してあげることが大切なのです。

ソイ系はダイエット向け

ソイ系のプロテインもカゼイン系と同じく吸収が緩やかなので、カゼインの代用として使うことができます。

またお腹持ちがいいと言われていて間食や置き換えダイエットに向いているという声もあります。

ただし、筋肉アップ中はダイエット(減量)よりも筋肉の増量を目指すものです。

ソイプロテインが体脂肪を燃やすというような特別な効果があるわけではないので、筋肉アップ中はあくまで筋トレの栄養補給用プロテインとして使うべきでしょう。

まとめ

筋肉アップを目指すならプロテインは必須アイテムです。

トレーニング直後や寝る前など、タイミングによって種類を使い分けるのがオススメです!

ただし、運動しなければただのカロリー源になってしまいますので、しっかり運動したうえで摂るようにしましょう。